使いすぎても、使わな過ぎても支障が出ます。スマホの程よい使い方を考えてみましょう。

スマホの程よい使い方

現代の人々にとってスマホとの付き合い方は真摯に考えなければいけないことです。
付き合い方を間違えればスマホ依存症になるでしょう。

 

その逆で、スマホをまったく知らないのは周囲の人とのコミュニケーションが減少するのも事実です。程よい付き合い方、使い方が求めてられているのではないでしょうか。

 

 

まずは通知があるとすぐにチェックする習慣を見直しましょう。

仕事でスマホを利用している人や緊急の連絡を待っている人は例外ですが、
基本的に日常生活で緊急性のある連絡はそうありません。

 

メールが来る

メールが来る度にスマホを確認していませんか?
広告やメールマガジンなら、夜にまとめて読んでも遅くはないはずです。
常にチェックするような人はスマホ依存症になる可能性が高くなってしまいます。

 

メールなどを確認する時間を決めておく方が良いでしょう。

 

 

また、夜のある時間を過ぎたらスマホの電源を切る、というのも良いです。

メールやLINE、ゲームの通知などが24時間関係なく届きます。
これは便利でもありますが、依存症になるきっかけでもあるのです。
夜は電源を切ることでこの問題を回避するのが良いでしょう。

 

 

友人と居る時はスマホの電源を切るようにするのも効果的です。

目の前に居る友人との時間を大切にしたいなら、スマホは不要のはずです。
通知が来るとついスマホを見てしまう人は電源を切ってしまいましょう。
スマホでは無く友人を見てください。

 

 

スマホゲームに熱中し過ぎるのもよくありません。

ひまつぶし程度なら良いですが、熱中して睡眠時間を削ってしまったり、大金を注ぎ込んでしまったりしないように注意しましょう。
長時間遊ぶようなアプリは、プレイする時間を決めて遊ぶようにしましょう。
どうしても遊んでしまうなら、1日でやることをすべて終えてからプレイするようにするなど、ルールを作るのが良いです。

 

 

人によってスマホとの付き合い方の正解は変わってくるはずです。
友人関係や興味があること、様々な要因が関わって来ます。
使いすぎても、使わな過ぎても支障がでるスマホの程よい使い方を考えてみましょう。