スマホをなるべく見ないようにすると周囲へ宣言すると、簡単に撤回できない心理的な効果があります。

スマホ依存対策

スマホ依存症にならないように様々な対策を試してみましょう。
友人との関係悪化や恋人との別れ、家族関係の悪化にも繋がりかねません。

 

もしスマホを使わないことで悪化する関係なら、それは元々の関係がおかしいか相手が依存症の可能性があります。

 

スマホはあくまでも便利なツールなのです。
それが無ければ悪化するのは別に原因があります。

 

 

まず、対策として挙げられるのはスマホを利用しないことでしょう。

スマホを使わなければ依存症になりようがありません。
具体的には、出歩く際にはポケットではなく鞄やリュックに仕舞うようにしましょう。
これは非常に重要で、すぐに取り出せないようにしておくだけで使用頻度が変わります。
危険視されている歩きスマホの予防にも繋がるので実践するようにしてください。

 

通知機能をOFFにする・スマホ以外の音楽プレーヤーを使う事効果があります。

少しでもスマホの画面を見る時間を減らしましょう。
スマホの画面をチラッと見てしまうような動作をしていませんか?
何か通知が来ていないか確認するだけでも、依存症になるきっかけになります。

 

長時間使用しているアプリを削除するのも良いでしょう。

思い入れのあるアプリやゲームも勇気を出して卒業すれば、現実で新しい趣味と出会えるかもしれません。

 

 

ここまでは自分自身で出来るものですが、周囲を巻き込むのも1つの対策です。

例えば、スマホをなるべく見ないようにする、と周囲へ宣言してみましょう。
禁煙、禁酒すると宣言するようなイメージです。
誰かに宣言すると簡単に撤回できない心理的な効果が出るので対策として有効です。
LINEやSNSにもあえて宣言することで、早く返信しないで良い建前にもなります。

 

ゴルフ

スマホを使わない趣味を見つけるのも、依存症対策としては良いでしょう。マラソンやサイクリングのスポーツやゴルフや釣りなども効果的です。
スマホを触らない時間が多くなれば、依存症のリスクはどんどん減るのです。

 

依存症の予防として上記のような対策を実行してみましょう。