スマホ依存症になりかけていると自覚があるなら、「スマホスピタル」のアプリが改善を促してくれます。

スマホ依存診断アプリ

多種多様なアプリがリリースされる中に、スマホの依存度を診断するアプリがリリースされています。

 

AndroidでもiPhoneでもこの依存診断アプリが配信されているため、気に入ったものをダウンロードしてみると良いでしょう。

 

 

遊び感覚であっても今の状態がどの程度なのかを知ることは非常に重要です。

3分程度で終わるものから10分程度かかる本格的なものまで、いろいろとあるようです。
簡単な質問に回答していくだけで結果が出るので是非やってみてください。
依存していないと思っていても、実は重症という判定が出るかもしれません。

 

ですが、このアプリの診断結果を鵜呑みにするのは危険です。

 

スマホ依存症診断のアプリが問題なかったから大丈夫だと安心するのは止めましょう。
これらは医師の診断で作られたものではないため、あくまでもエンターテインメントの1つとして考えてください。

 

診断アプリをおすすめする

友達や家族に依存症ではないかと感じる人が居たら、この診断アプリをおすすめしてみるのも良いでしょう。結果に関わらず、自分のスマホの利用状況を思い返すきっかけになるので何か効果があるかもしれません。

 

スマホに依存している可能性を少しでも持っていれば、その後の結果は大きく変わるのです。

 

 

何かしらの強い不安がある場合は病院でカウンセリングを受けるようにしましょう。

ちなみに依存症になりかけていると自覚があるなら、それを改善するアプリがあります。
それはスマホスピタルというアプリです。
これは電池、容量、アプリの利用を管理できるものです。

 

1日のアプリ起動回数や使用履歴などを分析して、何に依存しているかを診断して改善を促してくれるものがあります。
予防アプリは他にも存在しているので、うまく利用すれば依存症を回避できるでしょう。

 

スマホ依存症をスマホを診断するのも何とも言えない気持ちになります。
依存症には十分に気を付けるようにしてください。
何かあってからでは遅いこともあるのです。大切な家族や友人を悲しませないようにしましょう。

 

スマホ依存対策はこちら