詐欺や恐喝、出会い系のトラブルからイジメなどスマホを使った犯罪は多種多様にあります。

スマホを使った犯罪

スマホが普及した結果、それが犯罪に使用されることもあります。
犯罪と聞くと詐欺や恐喝を思い浮かべるでしょうが、もっと身近なものとしてイジメなどもあります。

 

 

怪しいサイトを見ているといきなり現金を振り込むように要求してくる詐欺

アダルト系のサイトに多いこの詐欺ですが、なぜかお金を支払ってしまう人が後を絶ちません。
会社に言う、家に押しかけるという脅しがありますが、そのようなケースはほとんどないでしょう。
これは犯罪であり違法性のある要求なので無視するようにしてください。
連絡を取ると言葉巧みに脅されますし、電話番号を調べられてしまう危険性もあります。

 

 

10代の少女が巻き込まれるのが出会い系サイト

好奇心から出会い系に登録し、男に脅迫されて暴行を受ける被害が増えています。
男はあの手この手を使って少女を食い物にしようと狙っています。
未成年の子供には18禁サイトを閲覧できないようにフィルターを掛けるなどして保護者が守るようにしましょう。

 

性的なものに好奇心を抱くのは悪い事ではありません。成長している証拠です。出会い系サイトを悪用する人が居る恐怖を知らずに利用してしまうことが問題なのです。

 

正しい判断が出来る大人になるまで我慢するように説得しましょう。

 

 

他にもスマホによるイジメが社会問題となっています。

  • LINEで1人だけグループに招待しない
  • イジメている動画を撮影してクラスの人にばらまく

このような悪質ないじめが横行しているのです。

 

これは分かりやすく暴力を行うよりも発覚しづらいため、両親や教師が気付けないことがあります。
イジメの発覚が遅れればそれだけ事態は深刻になりかねません。
動画は一度ネットに流れてしまうと一生消えないと思わなければいけないぐらい拡散してしまいます。

 

 

スマホで盗撮する犯罪も増えているようです。

女性を狙った悪質な盗撮も問題ですが、一般人を撮影してSNSに誹謗中傷と共に公開するケースもあります。他人を勝手に撮影してネットへ公開するのは、それが卑猥かどうかに関わらず犯罪です。
気づかずに行ってしまう人も居るので注意しましょう。

 

 

このような犯罪に巻き込まれない為にもスマホの程よい使い方をみ直しましょう。